ガラス装飾フィルムの種類は50点に上る(写真は歌音)

   住友スリーエムは、インテリアやディスプレー市場で高い評価を得ているガラス装飾フィルム、3M(TM)ファサラ(TM)ガラスシェードの新しい柄として、「雫(しずく)」「歌音(カノン)」「シアトル・ファイン」の発売を開始した。

   3M(TM)ファサラ(TM)ガラスシェードは、強靱なポリエステルフィルムに耐候性のあるアクリル系粘着剤が塗布され、印刷によって意匠を表現したガラス装飾フィルム。外壁ガラスやガラス製のパーティションなどに張り付けることによって、視覚的にはほどよく遮りながら緩やかに明るさを伝える。

   好評のドットパターンには、「雫)」と「歌音」が加わり、ドットパターンは7点となった。ストライプ柄で人気の「シアトル」からエンボスを取り除いたのが「シアトル・ファイン」で、「シアトル」よりもストライプごとの陰影感を強調し、スマートなデザインとなっている。また、外張りタイプのバリエーションとして「ミルキークリスタル」を加え、2010年8月20日に発売する。

   新柄4点の製品仕様は、幅1270ミリ×長さ30メートルで、設計施工価格は1平方メートルあたり1万2000円〜1万5000円。<モノウォッチ>

J-CASTモノウォッチとは?

注目商品・新サービスを中心に、トレンド最先端の「モノ」にこだわる記事を毎日掲載。ジャンルも豊富で、きっとお気に入りが見つかるはず。
新たにJ-CASTニュースショップがオープン!