イタリア代表を指揮するチェーザレ・プランデッリ監督は6日、新生アッズーリの初陣に向けた招集メンバーを発表した。ロンドンでコートジボワールと対戦するイタリア代表では、注目のアタッカー3人が登場する予定だ。ここでは、その3人を紹介する。

◇アマウリ(ユヴェントス)

サプライズ招集というわけではないが、確実視もされていなかった。それがアマウリの立場である。ブラジルで生まれ育った彼は、ようやくイタリア市民権を手にし、ついに代表招集が掛かった。昨シーズンは不振が続いたものの、ルイジ・デルネーリ監督体制となった今シーズンは、レギュラーポジションが与えられる見込み。ヨーロッパリーグ3回戦ファーストレグのシャムロック・ローヴァーズ戦では早速2ゴールを挙げて、チームに貢献している。8月1日、彼は代表への想いを語っていた。「もし、招集が掛かったら、ハートで応えるよ。僕は10年間、ここイタリアで生活している。10年間、ここで税金を払ってきたんだ。自分をイタリア人だと思っているよ」。

◇マリオ・バロテッリ(インテル)

マンチェスター・シティ加入に手をかけている状況のバロテッリの招集は、大胆な決断と言えそうだ。彼はまだ、プレシーズンマッチでプレーしていない。しかし今、アッズーリの一部となることができる。バロテッリやカッサーノが持つタレントは、アッズーリが南アフリカで欠いていたものだ。バロテッリはまだ19歳。プランデッリ監督は、将来を見ている。

◇アントニオ・カッサーノ(サンプドリア)

発表前から、指揮官が招集を明言していた。多数の人が招集を求めていたカッサーノだが、マルチェッロ・リッピ前監督体制では声が掛からなかった。しかし、かつてのキャラクターは抑えられ、指揮官との接し方は変わった。運動能力はバロテッリのようなものがない。それでも、素早いプレーと、どんな相手にも臆することない姿勢は、サンプドリアで証明している。カッサーノはもう子供ではない。28歳の大人で、これが代表で最後の大きなチャンスであることを理解している。彼の天才的なボールタッチは、代表ファンを再び魅了するだろう。プランデッリ体制となったイタリア代表。A(アマウリ/Amauri)B(バロテッリ/Balotelli)C(カッサーノ/Cassano)とともに、どのようなスタートを切るのだろうか。