マンチェスター・シティに所属するFWエマヌエル・アデバヨールは、ユヴェントスへの移籍を希望している。

同選手は英紙の中で、「少し前までは、移籍なんて考えていなかった。マンチェスター・シティに残って、昨シーズン以上の活躍をするって決めていたよ。でも、ここにいると、たくさんの出場機会がないことは分かっている。だから、自分の下に届けられたオファーを検討するよ。ユヴェントスはビッグクラブだ。プレーすることになったらいいね。プレミアリーグを離れるのは残念だけど、ヨーロッパにはほかにもトップレベルのリーグがある」と述べた。

しかし、マンチェスター・シティ側は、アデバヨールの放出を考えていないという。同クラブは公式ツイッターで、「クラブはアデバヨールの売却を一切検討していません。今シーズンの我々の背番号9は彼です」と記し、残留を強調している。

その背番号がロベルト・マンチーニ監督の信頼の証だと言う声もある。英『デイリー・メール』は、関係者がそう証言していると伝えた。最前線でプレーするアデバヨールはマンチーニ監督のチームのカギになる可能性があるという。2009年夏に2500万ポンド(約33億円)を投じて獲得したアデバヨールは、31試合で14ゴールと、結果を残している。また、今シーズンのプレシーズンマッチでは、すでに5つのゲームに出場していることからも、チームの構想に入っているのではないかと見方もあるようだ。