イタリアサッカー連盟は6日、チェザーレ・プランデッリ代表監督が、W杯後の初の代表戦となる9日のコートジボワール戦に向け、マリオ・バロテッリとアントニオ・カッサーノを招集したと発表した。

マルチェロ・リッピ前監督は、待望論があったにもかかわらず両者をW杯メンバーに選ばず、大会で惨敗すると、経験はあるが年齢の高い選手たちのプレーを批判する声も大きかった。

プランデッリ監督は19歳のバロテッリに加え、この春にイタリアのパスポートを取得したブラジル生まれの30歳のFWアマウリなど、7人の初招集の選手をチームに加えた。リッピ前監督が招集したメンバーで生き残ったのは、マルケッティ、モントリヴォ、デ・ロッシ、クアリアレッラら、わずかに9名だった。


◇イタリア代表メンバー
GK:
フェデリコ・マルケッティ(カリアリ)
サルヴァトーレ・シリグ(パレルモ)
エミリアーノ・ヴィヴィアーノ(ボローニャ)

DF:
ルカ・アントニーニ(ミラン)
ダヴィデ・アストリ(カリアリ)
レオナルド・ボヌッチ(ユヴェントス)
マッティア・カッサーニ(パレルモ)
ジョルジョ・キエッリーニ(ユヴェントス)
ステファノ・ルッキーニ(サンプドリア)
クリスティアン・モリナロ(シュトゥットガルト)
マルコ・モッタ(ユヴェントス)

MF:
ダニエレ・デ・ロッシ(ローマ)
アンドレア・ラッツァーリ(カリアリ)
クラウディオ・マルキシオ(ユヴェントス)
リッカルド・モントリヴォ(フィオレンティーナ)
アンゲロ・パロンボ(サンプドリア)
シモーネ・ペペ(ユヴェントス)

FW:
アマウリ(ユヴェントス)
マリオ・バロテッリ(インテル)
マルコ・ボッリエッロ(ミラン)
アントニオ・カッサーノ(サンプドリア)
ファビオ・クアリアレッラ(ナポリ)
ジュゼッペ・ロッシ(ビジャレアル)■最新記事
マンU、チェルシー破ってコミュニティ・シールド優勝
ロッベンがキッカー誌の年間最優秀選手
バルサ、北京国安に快勝/親善試合
イタリア代表初招集のアマウリ「イタリア国家は歌わない」
【移籍】リヴァプールのデゲン、シュトゥットガルトに期限付き移籍