フリーアナウンサーの小林麻耶が8月6日(2010年)のブログで、アナウンサーの心得を説いている。

   この日、番組収録後に「大変尊敬している方」と食事をし、たくさん食べて笑い、「楽しかった」という。そんな小林も以前は、食事に誘われたり、仲間と「飲みに行こう」と盛り上がっても、「明日、仕事があるから」と断わっていた。「体力がもたなかったし、次の日の仕事のことも心配で、思いっきり、あそべなかった」と打ち明けている。

   最近は仕事以外の時間を少しずつ有効に使えるようになってきて、「なんだか、嬉しい」。きっかけは、「ある尊敬する方」に「テレビに出る人は、その人の生き方、考え方が画面に出る」と言われたこと。以来、「自分自身が魅力的な人間になっていかなければ、見てる人には、何も伝わらない」と思うようになり、「自分磨き」に努めているという。

J-CASTニュースとは?

従来のマスコミとは違うユニークな視点で、ビジネスやメディアに関するさまざまな記事を発信しています。読者投稿のコメント欄も充実!
新たにJ-CASTニュースショップがオープン!