リヴァプールとの接触が噂されるデンマーク代表MFクリスティアン・ポウルセンの代理人が、「同クラブと連絡は取り合っていない」と噂を否定した。

今夏退団が濃厚なハビエル・マスチェラーノの代役としてリヴァプールがポウルセンを狙っていると報じられていた。マスチェラーノは退団を直訴しており、新天地はインテルになると見られている。

このため、ユヴェントスでレギュラーポジションを失ったポウルセンが、リヴァプールで新たな挑戦に挑むのではないかと伝えられていたが、同選手代理人は、「私も新聞に掲載された記事は読んだが、この噂に関するコメントはできない。私はリヴァプールの誰からも移籍に関する話を聞いていない。ユヴェントスから電話もないし、彼らが私に電話する必要性があるとも思っていない」とリヴァプールとの接触はないと主張している。

■最新記事
フラムのヒューズ新監督 「目標はトップ10入り」
イニエスタ、ファブレガスのバルサ復帰を求める
イブラ「モウリーニョは世界で指折りの指導者」
カモラネージ代理人、プレミア移籍の可能性を示唆
A・マドリー、ウルグアイ代表DFゴディン獲得