業界最小タイプを含め、豊富なバリエーションをそろえた

写真拡大

   パナソニック電工は、業界最小サイズのLEDダウンライト「60形一般150ミリ」などを、2010年8月1日から順次発売していく。

   60形タイプから200形タイプまで、新築に最適なコンパクトタイプ(埋込穴直径100ミリ)と、従来のダウンライトで最も多く使用されている埋込穴直径150ミリの照明器具からの取り換えに適したリニューアル対応タイプ(埋込穴直径150ミリ)をラインアップする。

   LED照明の採用は急増しており、とくに非住宅用LEDダウンライトは発売以来好評で、商業施設やオフィス、ホテル、学校、病院・福祉施設、集合住宅や民間ビルなど、幅広い分野で採用が広がっている。豊富で、用途に合わせた多彩なバリエーション(形数や色温度)と手ごろな価格を実現した。

   希望小売価格は、1万5225円(60形タイプ、非調光)〜3万9690円(200形タイプ、調光)。60形調光タイプや100形、150形、200形は10年9月21日の発売予定。<モノウォッチ>

J-CASTモノウォッチとは?

注目商品・新サービスを中心に、トレンド最先端の「モノ」にこだわる記事を毎日掲載。ジャンルも豊富で、きっとお気に入りが見つかるはず。
新たにJ-CASTニュースショップがオープン!