安全機能はそのままで、廉価なガスファンヒーター

写真拡大

   東京ガスは、2010年度のガスファンヒーターの新製品3機種を2010年9月10日に発売する。新たに投入する「シンプルタイプ」は、設定した時間に暖房運転の開始や終了を行う「タイマー」などを省くことで、価格のさらなる低廉化を実現した。

   ガスファンヒーターは、スイッチを押してから5秒で温風が出る速暖性、給油の手間がいらない利便性、機器本体のコンパクトさなどの特長から、東京ガスでは09年度までに累計約440万台の販売実績がある。今年度は、継続品を含めて合計9機種を取りそろえ、15万台の販売をめざす。

   希望小売価格は、シングルが3万5490円(木造7畳、コンクリート9畳)〜8万9040円(デラックスタイプ、木造15畳、コンクリート21畳まで)。運転中に炎が消えた場合、安全装置が作動し、ガスを止め運転を停止する機能や、連続燃焼時間が8時間になると自動的に運転を停止する消し忘れ防止機能、転倒時のガス遮断装置の安全機能が付いている。<モノウォッチ>

J-CASTモノウォッチとは?

注目商品・新サービスを中心に、トレンド最先端の「モノ」にこだわる記事を毎日掲載。ジャンルも豊富で、きっとお気に入りが見つかるはず。
新たにJ-CASTニュースショップがオープン!