NTTレゾナントは「夏に聴きたいB’zの熱いシングル曲ランキング」を2010年7月27日に公開した。

   1位に輝いたのはラテン調を取り入れたダンスナンバー「太陽のKomachi Angel」(1990年)。彼らが初めてオリコンチャート1位を獲得した曲で、これ以降リリースされたシングルはすべてオリコン1位を獲得している。次点は接戦だったが、世界水泳福岡2001大会公式テーマソングにもなった「ultra soul」(2001年)が2位、「裸足の女神」(1993年)が3位。昨年リリースされた「イチブトゼンブ」は6位だった。

   デビュー間もないころから最近まで、さまざまな曲が上位に入っているところから、B’zが幅広い年齢層から支持されていることと、質の高い音楽を提供し続けていることが見てとれる。

   アンケートは、インターネットアンケートサービス「gooリサーチ」で全国10代〜60代の男女1137人を対象に、6月21日〜23日まで行われた。<モノウォッチ>

J-CASTモノウォッチとは?

注目商品・新サービスを中心に、トレンド最先端の「モノ」にこだわる記事を毎日掲載。ジャンルも豊富で、きっとお気に入りが見つかるはず。
新たにJ-CASTニュースショップがオープン!