著者・穴澤賢氏がイラストにも初挑戦

写真拡大

   『富士丸な日々』というブログをご存じだろうか。「バンドマンを目指して上京しながら挫折し、物書きのようなことをして過ごしている」という穴澤賢氏が、05年7月から始めたブログだ。「富士丸」とは、穴澤氏が飼っていたシベリアンハスキーとコリーの混血犬の名前で02年2月22日生まれ。里親募集サイトが縁で「富士丸」は穴澤氏の「息子」に、穴澤氏は「父ちゃん」になった。

   ブログでは、「父」と「息子」のとりとめもない日常がほほえましく描かれ、一時は人気ブログランキング・ペット部門で1位になり、富士丸関連のDVDや本も多数出版され、多くのファンを獲得していたのだが、09年10月に「富士丸」は亡くなってしまう。当然、「富士丸な日々」も終わりを迎えた。そのブログ内において、「穴澤賢の犬のお気楽相談室」なるコーナーで読者からの質問に答えたやりとりが、新刊本『犬のお気楽相談室』として2010年6月30日、鉄人社から発売された。

「うちの犬、性格が犬らしくないんです」
「主人の実家の猫がお義母様より私に懐いて困っています」
「犬好きと猫好きの相性は?」

など、さまざまな相談に対して、穴澤氏らしい肩の力の抜けた回答が綴られる。

   また、最後には、富士丸を失った際の動揺、喪失感、そして喪の時間を乗り越えた穴澤氏の現在の心境も吐露されている。動物好き必読の一冊だ。

   単行本、191ページ。定価1365円。<モノウォッチ>

J-CASTモノウォッチとは?

注目商品・新サービスを中心に、トレンド最先端の「モノ」にこだわる記事を毎日掲載。ジャンルも豊富で、きっとお気に入りが見つかるはず。
新たにJ-CASTニュースショップがオープン!