届かなかった狭い場所のネジ締めもラクにできる

写真拡大

   創業100周年を迎えた米国の電動工具メーカー、ブラック・アンド・デッカーは、業界最少クラスのコンパクト設計で狭いスペースでの作業にも対応したコードレス電動ドライバー「スーパーコンパクト(CP310X)」を、2010年8月上旬に発売する。

   この商品は、長さ13.3センチ、高さ12.6センチ、幅4.7センチのコンパクトなボディーを実現するとともに、先端ビットの回転軸から本体上面までの幅を約4ミリに短縮し、従来は届かなかった狭い場所やコーナーのネジ締めもスムーズにできるようにした。

   新たに開発した3段階ギアを採用することでモーターのパワー伝導を効率化し、コンパクト設計ながら、従来と比べて2倍のネジ締め力を実現した。また、暗い所での作業をサポートする「LEDライト機能」や、自然放電が少なく使いたい時に手軽に使える「リチウムイオンバッテリー」を備えている。

   6時間のフル充電で約200本のネジ締めに対応。大型の組み立て家具などに使われているカムロック式ネジなど、従来は手回しドライバーで対応していた狭いコーナー部分での作業もラクにできる。希望小売価格は6300円。<モノウォッチ>

J-CASTモノウォッチとは?

注目商品・新サービスを中心に、トレンド最先端の「モノ」にこだわる記事を毎日掲載。ジャンルも豊富で、きっとお気に入りが見つかるはず。
新たにJ-CASTニュースショップがオープン!