「バロテッリは真剣に練習を再開している。タレントのある選手だし、多くのクラブが求めているよ。我々は彼と一緒に状況を検討しているところだ」

インテルのマッシモ・モラッティ会長は15日、イタリア『スカイ・スポーツ』のインタビューで、このように話している。バロテッリにはマンチェスター・ユナイテッドとマンチェスター・シティが関心を寄せているが、モラッティ会長はまだどちらかとの交渉がまとまるには程遠い段階だと語った。

「2つとも真面目なクラブで、正しい市場価値を検討するだろう。決めるのは我々になるよ。だが、現時点で今の状況は(移籍からは)かなり遠いね」

だがいずれにしても、バロテッリ売却は不可能ではないようだ。モラッティ会長は「残念だが、(いろいろな)数字にも注意を少し払わなければいけない」とつけ加えている。どうやら、マンCとインテルの間ですでに会談が行われたようで、交渉がスタートしたのは事実のようだ。一方で、モラッティ会長は獲得が噂されるリヴァプールMFハビエル・マスチェラーノについて、「強いキャラクターを持つ選手だが、(ラファエル・)ベニテス監督にとって必要かどうかを理解する必要がある」とコメントしている。