目に見えないゴミやホコリは、光って知らせる!

写真拡大

   東芝ホームアプライアンスは、人間工学から生まれた新開発の「らくわざグリップ」で、軽い力で掃除できる紙パック式クリーナー「VC-PG210」を、2010年7月21日に発売する。

   「らくわざグリップ」は、自然な手首の角度で握りやすく、腕への負担が少なくした。「らくわざ延長管」も軽量330グラムなので扱いやすく、ラクに掃除ができる。本体吸込み口の先端には新たに搭載した「ゴミ残しまセンサー」(赤外線方式)が目に見えないゴミまで検知して、延長管を光らせて知らせる。同時に手元スイッチの「ゴミ残しまセンサーランプ」も点灯し、感知するゴミが無くなると消灯するので、目に見えないゴミやホコリもランプで確認しながら掃除ができる。

   新開発の高効率モーターを搭載し、本体内の風路を最適化することで、業界最強630ワットの高い吸込仕事率を実現した。色はメタリックピンクとメタリックシルバー。オープン価格。<モノウォッチ>

J-CASTモノウォッチとは?

注目商品・新サービスを中心に、トレンド最先端の「モノ」にこだわる記事を毎日掲載。ジャンルも豊富で、きっとお気に入りが見つかるはず。
新たにJ-CASTニュースショップがオープン!