インテルが14日、新シーズンのユニフォームのをお披露目した。この場で、マルコ・ブランカTD(テクニカルディレクター)がインテルのマーケットに関する現状について話している。

まずは、ローマが強く獲得を望んでいるDFニコラス・ブルディッソについて。

「ニコラスはハイレベルな選手だ。アルゼンチン代表だからね。去年はローマに無償レンタルしたが、今はもう不可能なのは明らかだ。市場価値に見合った金額での完全移籍以外に解決策はないと思う。彼がローマでプレーしたがっているのは知っているが、彼は偉大なプロでもあり、残留するならば我々のために全力を尽くす用意があるはずだ」

次に、FWマリオ・バロテッリやDFマイコンについては、次のように述べている。

「我々がマリオやマイコンを売りに出したことはない。確かに、バロテッリに対するマンチェスターの2チーム(ユナイテッドとシティ)の関心は現実のもので、非常に強い関心でもある。だが現時点で、正式なオファーは一切届いていないんだ。彼に値段はないんだよ」

「そもそも、我々の選手を(他クラブが)気に入るのは初めてのことじゃない。(エステバン・)カンビアッソや(ヴェスレイ・)スナイデル、(ダヴィデ・)サントンといった選手たちを求める声はとてもあるんだ。(リヴァプールMFハビエル・)マスチェラーノ? 彼が来ることを申し出たんだよ。国際的な我々のイメージはとても高まっており、優秀な選手たちが我々の下でプレーすることを望んでいる」

「いずれにしても、我々は落ち着いているよ。経験のあるGK(カステッラッツィ)、2人の興味深い若手(ビアビアニー、コウチーニョ)も獲得した。あとは放出のこともある。目標は昨年と同じ人数のチームにすることだ」