韓国の放送通信委員会は13日、情報通信(ICT)における国家競争力で「日本政府が韓国を第1位と評価した」と発表した。日本の総務省が6日に発表した2010年「情報通信白書(情報通信に関する現状報告)」にもとづいた。韓国メディアも次々に、日本が「第1位と評価」と報じた。

 総務省の情報通信白書は、通信環境や利用など8部門を総合して、主要25カ国をランクづけした。総合第1位は韓国で、日本を第2位、デンマークを第3位とした。

 韓国は、◆政府のICT活用度◆有線インターネット◆インフラの安全性――の3分野で第1位、モバイル環境とインフラの先進性では第2位と評価。韓国メディアは情報分野で自国が「全体的に高い評価を受けた」と論じた。

 大統領直属機関である放送通信委員会は、日本政府の「第1位認定」を「成果」と位置づけた。2010年の世界平和度指数デジタル経済評価で第13位、国連の電子政府指数で第1位にランクインしたことに続き「韓国が世界において、ICT政策をリードしていく勢いが確立した」と評価した。

 放送通信委員会の関係者は「ICT強国の地位を高めるために、国際協力を強化して、最先端ICT技術とサービスの海外進出を持続的に推進する」との考えを示した。(編集担当:永井武)

■最新記事
性教育の先生はAV?韓国ネット上にアダルトコンテンツが蔓延
韓国ネット大手がライブドアを63億円で買収「日本攻略にはずみ」
2ちゃんねる攻撃「日韓サイバー戦争は度が過ぎた愛国心」−韓国
気象衛星打ち上げ成功、「韓国も気象先進国に、日本の映像に劣らない」−韓国
韓国、日本に追い付くには13年必要−先進化水準はOECD下位圏