門扉やフェンス、カーポートと、カラーコーディネートしやすく

写真拡大

   東洋エクステリアは、伸縮門扉の主力シリーズである「アルシャイン」をリニューアルし、門扉やフェンス、カーポートなどとのカラーコーディネートの幅を広げる新色を追加するとともに、錠金具や回転止め金具を変更し、操作性を向上させた伸縮門扉「アルシャインII」を、2010年7月15日に発売する。

   すべてがアルミ形材カラーのAタイプと、キャップと縦部材にマテリアルカラーを施したCタイプを用意。Aタイプは、マイルドブラック、シャイングレー、オータムブラウン、ブロンズ、アイボリーホワイトの5色に加えて、ナチュラルシルバーFとブラックの7色を揃えた。Cタイプは、Aタイプのアルミ形材カラーに、アクセントとなるマテリアルカラーとしてミディアムチェリーとピュアノーチェを設定した。

   また、錠金具を変更して施錠・解錠時の操作性をアップ。回転止め金具も、敷地の内側と外側の両方から操作することができるように変更した。

   価格は6つのグレードがあって、L型が8万6625円〜、最上級のPR型Rは12万120円〜。写真は「アルシャインII HW型」(シャイングレー、片開き、ノンレールタイプ)で20万130円。<モノウォッチ>

J-CASTモノウォッチとは?

注目商品・新サービスを中心に、トレンド最先端の「モノ」にこだわる記事を毎日掲載。ジャンルも豊富で、きっとお気に入りが見つかるはず。
新たにJ-CASTニュースショップがオープン!