インテルのマッシモ・モラッティ会長がFWマリオ・バロテッリについて言及し、同選手が移籍する可能性について次のように話している。

「選手にとって、より多くプレーできるかどうかは重要だ。彼にその可能性があることを願っているよ。彼には本当に素晴らしいタレントがあるんだからね」

バロテッリが移籍するという噂に対し、苛立ちを覚えていないかと尋ねられると、モラッティ会長は次のように答えた。

「私の選手の一人が素晴らしい選手だと言われるなら、(ほかのクラブが)喜んで獲得したいと言うのなら、苛立つことはないよ。我々が擁する選手が称賛されているということだからね」

一方、ワールドカップ決勝に進んだMFヴェスレイ・スナイデルについて、モラッティ会長はイタリア『スカイ・スポーツ』に対し、「彼が優勝できたらうれしいね。彼はそれにふさわしいんだ。どちらが有利か? 私はドイツがスペインを倒すと思っていたんだが、スペインは非常に良いプレーをしたね。それに、タコ(ドイツで予想が的中すると有名なパウル君)もスペインが勝つとしているし…」と話している。

最後に、モラッティ会長はインテルについて、「我々が獲得した重要なタイトルを守るためには、大きな責任感を持つことが必要となるだろう。選手たちもそれは感じている。監督が新しくなったことや、3つのタイトルを新たに獲得できる可能性へのモチベーションもある。簡単ではないが、達成したいという意欲はあるよ」とつけ加えた。