年収1000万円のビジネスマンに聞いた「就活生にオススメする中堅・中小企業ランキング」

ビズリーチ年収1000万円研究所では、年収1000万円以上のビジネスパーソンに対してさまざまなアンケートを取り、“年収1000万円を稼ぐビジネスパーソンの考え方”を調査しています。

すでに大手企業の採用は終了し、中堅・中小企業の採用も終盤に近付いていますが、内定を獲得していない学生は多数いるのが現状です。そこで今回は、年収 1000万円のビジネスパーソンにアンケートを実施して分かった、「まだ内定を獲得していない来春卒業予定の就活生にオススメする中堅・中小企業ランキング」をご報告します。

就活生にオススメしたい中堅・中小企業ランキングはこちらです。


■1位は、会員数1700万人を超え躍進を続ける「株式会社ディー・エヌ・エー」
さまざまな業界の企業がランクインした中でトップに輝いたのは、ソーシャルゲームを中心に順調に業績を伸ばしている株式会社ディー・エヌ・エーでした。主力事業のモバゲータウンは会員数1700万人、月間ページビュー500億(2010年2月現在)を超え、ユーザーから絶大な支持を受けています。好調な業績に加え、マッキンゼー出身の女性社長・南場氏の元「自分たちの信じたことをとことんやり抜く」という姿勢で、失敗も成功も経験している同社に期待が寄せられたようです。

上位3社が選ばれた理由を抜粋していきます。

【1位、株式会社ディー・エヌ・エー】
・仕事をしている人が楽しそうだから(50代、男性、金融コンサルティング、役員)
・経営陣が魅力的なので逆境も乗り越えられるし、魅力的な人のもとでは働きがいがある(30代、女性、証券会社、投資助言)
・DeNAは一旦ダウンしたものの成長しているし、いろいろなことができる可能性がある。(30代、女性、小売業、広報)
【2位、株式会社ミスミグループ】
・独自の経営方針の下、堅実な経営を行っているので。(50代、男性、飲食事業、部長)
・セグメントされた市場においてのNo.1プレイヤーであることと、経営者が人財育成に力を入れていること。(40代、男性、メーカー、役員)
・汎用性の高い問題解決能力が身につく(30代、男性、コンサルティング企業、コンサルタント)
【3位、浜松ホトニクス株式会社】
・独自技術を持ち、自社の強みを理解している会社(50代、男性、保険会社、部長)
・株価堅調。経営陣の判断が早い。(40代、男性、証券会社、ディレクター)
・地域の製造業、且つ海外進出をしているところ(30代、男性、投資会社、アソシエイト)


■業界指名は、飲食・環境・ITが多数
今回のアンケートでは社名ではなく業界を指名する声も多数見られました。中でも多くの支持を集めていたのが、飲食に関わる事業(小売や流通含む)、環境事業(電池やバイオ系含む)、IT事業。会社のネームバリューよりも社会貢献性や、今後の成長性を考えた上でのアドバイスと言えます。


■44%が、アルバイトでも良いので働くことをオススメ。
Q1.内定をもらえなかった学生はどうすべきだと思いますか?

新卒ブランドを大切に、浪人してでも就職活動を行った方が良いという意見が36%に対して、アルバイトでも良いので経験を積んだ方が良いという意見が44%という結果になりました。


■規模よりも、その分野でNo.1であることが大切
今回ランクインした中堅・中小企業から見えてきた共通ワードは、それぞれの分野でNo.1企業だと言えるということ。日本で初めての事業を展開した企業や、日本最大規模のサービスを展開している企業、または、どこにも負けない教育体制や、ブレない芯や想いを持つ会社など、誇りを持って働ける会社だと言えるでしょう。ネームバリューや規模だけにとらわれず、本当に自分が成長できる企業を選んで欲しいですね。(ビズリーチ年収1000万円研究所 所長 佐藤和男)


■関連リンク
・年収1000万円以上限定の会員制求人サイト、ビズリーチはこちら 
・ビズリーチへの登録はこちら
・お仕事探しはこちら


■シリーズ一覧はこちら