ジョゼ・モウリーニョ監督がレアル・マドリーへ去り、リヴァプールを退団したラファエル・ベニテス監督を新指揮官に迎えたインテル。だが、当初はモウリーニョ監督の後任に、ボルドーを率いていたローラン・ブラン監督を選ぶつもりだったという。フランス『パリジャン』が報じたもので、インテルのフロントは5月末、ブラン監督にオファーを提示していたそうだ。

これによると、ブラン監督は「長く考えた末に」インテルのオファーを断ったという。同監督はすでにフランスサッカー連盟に対し、レイモン・ドメネク現監督の後任としてフランス代表指揮官に就任することを認めており、これもインテルのオファーを断る理由になったと見られる。

一方、ユヴェントスは22日にGKマルコ・ストラーリのメディカルチェックを行うことを明らかにした。ミランに所属する同選手は、シーズン途中からサンプドリアへレンタル移籍し、チームのチャンピオンズリーグ出場権獲得に貢献している。

ストラーリはイタリア『スカイ・スポーツ』のインタビューで、「満足しているよ。はっきりするのを待っている。とてもうれしい」とコメント。実現間近となったユヴェントスへの移籍について、喜びを表している。