アメリカのロサンゼルスで開催されているゲーム業界の見本市「E3 2010」の会場において、任天堂が同社の携帯ゲーム機「ニンテンドー3DS」をお披露目しました。

裸眼で3D立体映像を楽しめるだけでなく、3D写真を撮影可能なカメラが搭載されるなど、非常に興味深いモデルとなっています。

詳細は以下から。
E3 2010

E3 2010 Convention Headquarters On G4TV.com, E3 10 Live On G4

E3 2010 - Live Video - IGN Live at E3

E3で行われた任天堂のプレスカンファレンス


今まで3Dといえばメガネが必須でしたが……




これからはメガネが不要になります。



スモークの中、ゆっくりと姿を現すニンテンドー3DS。



ついにお披露目されました。これがニンテンドー3DSです。




3Dの深度は調節可能


従来通り下画面がタッチパネルです。上画面は3.5インチに。


新たにスライドパッドを搭載。モーションセンサーやジャイロセンサーも内蔵。


3D写真を撮影できるカメラも搭載されています。



ハリウッド映画の3D予告編も視聴可能。




従来はカートリッジを挿入しているタイトルのみ、「すれちがい通信」が可能でしたが、ニンテンドー3DSでは他のソフトをプレイ中でも「すれちがい通信」を利用可能に。



会場で上映されたニンテンドー3DSのCM。なかなかユニークな内容となっています。






・次の記事
世界的人気を誇る「メタルギアソリッド」が「ニンテンドー3DS」向けに発売へ - GIGAZINE


任天堂の新型ゲーム機「ニンテンドー3DS」を高解像度画像やムービーで徹底解説 - GIGAZINE


・関連記事
ニンテンドー3DSは国産プロセッサ搭載か、PS3やXbox360に近い性能になるという予測も - GIGAZINE

任天堂が「ニンテンドーDS」シリーズを値下げ、DSiは1万5000円に - GIGAZINE

3Dなのは上画面のみ?「ニンテンドー3DS」のテスト用基板と思われる写真からスペックの一部が明らかに - GIGAZINE

任天堂、極秘で開発中の「世界的なビッグタイトル」を正式発表へ - GIGAZINE

記事全文へ