アーセナルが、主将セスク・ファブレガスに対するバルセロナからのオファーを断ったことがわかった。

バルサのジョアン・オリベル・ゼネラルディレクターは、欧州の夏の市場がオープンした2日にアーセナルへ書面でオファーを提示した。しかし、すでに2回、非公式の打診も断っているアーセナルは、正式なオファーも拒否した。

アーセナルは、「彼はチームで非常に重要な選手であり、我々の将来の計画に入っている。我々は、チームの主将を売却するつもりはないとただちに返答した」との声明を出している。

■最新記事
コートジボワール、日本戦勝利もドログバW杯絶望か
フィオレンティーナにミハイロヴィッチ新監督
GKレイナ、ベニーテス退団の報に「悲しい日」
スペイン、メキシコ、ドイツが勝利/親善試合
ブラジル代表ファビアーノ、狙うは得点王