ジョゼ・モウリーニョ監督は正式にはまだレアル・マドリーの指揮官ではない。だが、イングランドではそう見られていないようだ。イギリスのメディアは、すでにモウリーニョ監督がレアルに就任したという前提でマーケットに関するニュースが報じられているからである。

『デイリー・エクスプレス』が報じたところによると、モウリーニョ監督が最初にレアルに要求したのは、古巣チェルシーのMFマイケル・エッシェンとDFアシュリー・コールだという。その金額は5000万ポンド(約63億4000万円)だそうだ。これは、チェルシーがアトレティコ・マドリーFWセルヒオ・アグエロを獲得するのに役立つだろう。アトレティコはアグエロ放出に際し、5200万ポンド(約68億円)という違約金のすべてを支払うことを求めているからだ。

一方、現在レアルに所属する選手に関心を寄せているのは、マンチェスター・ユナイテッドだ。アレックス・ファーガソン監督はMFポール・スコールズの後継者として、MFラファエル・ファン・デル・ファールトの獲得を目指しており、2000万ポンド(約26億1000万円)のオファーを準備しているという。ただし、『サン』によると、3000万ポンド(約39億2000万円)程度と言われるバレンシアMFダビド・シルバについては、バレンシアがマーケットから取り除いたようだ。