ロッベン「ファン・ハールの下でプレーする方が楽しい」

CLファイナルでインテルと激突するバイエルン・ミュンヘンのウィンガー、アルイェン・ロッベン(26歳)が、かつて一緒に仕事をしたジョゼ・モウリーニョ監督よりもルイ・ファン・ハール監督の下でプレーするほうが好きだと語った。

ロッベンは、モウリーニョ監督は結果を出すために魅せるフットボールを犠牲にすることを厭わなかったと振り返る。
「モウリーニョは勝つチームを生み出したが、素晴らしいフットボールかどうかは問題じゃない。バイエルンの哲学は違う。指揮官はいいプレーをして勝利するのを望んでいる。一選手として試合を楽しみながらプレーしたいものだし、それは重要な部分だ」



■最新記事
ブラックプールがプレミア昇格
ウェストハム、アンリに高額オファー
前乗りマイノリティ・ライター竹田の南ア前のめりレポート:第4試合
ブラジル、W杯合宿開始
モウリーニョ監督「今考えているのはCL決勝のことだけ」