タレントの西田ひかるが2010年5月14日のブログで、悲鳴を上げるほどに驚いた体験を紹介している。

   次男を車に乗せていたところ、「とんでもない珍ハプニング」があった。運転席に座り、駐車場に止まっていたところ、なんと、ハンドル横を体長10センチくらいのムカデが動いていたのだ。それも窓の外ではなく、車の中である。

   悲鳴をあげた西田は車からとび出し、紙で払おうと試みるが失敗。事態は悪化し、アクセルペダル付くにあるマット上に、ムカデは落ちた。外に追い払うことはできず、その胸の内は「もうダメ!怖くて無理!」。

   近くにあった薬局に駆け込んで助けを求めたほどだった。店員たちは仕事の真っ最中で、それも必死の形相と思われる西田が飛び込んできたことに驚きはしたが、「快く助けてくれました」。

   で、くだんのムカデは結局、ブレーキペダルの隙間に逃げ込んでしまい、捕まえることができず。どこに消えてしまったか。今心配しているのは「またでできたらどうしよう?!…そればかりが気になる。あぁホントにホントに怖い!明日からどうしよ〜」。

J-CASTニュースとは?

従来のマスコミとは違うユニークな視点で、ビジネスやメディアに関するさまざまな記事を発信しています。読者投稿のコメント欄も充実!
新たにJ-CASTニュースショップがオープン!