24日、作家・陳希我氏はブログで「トヨタよ、なぜ謝る必要があるのだ?」を発表した。トヨタ問題から日本人と中国人の集団意識を比較、考察している。写真は1日、北京市で謝罪するトヨタ自動車の豊田章男社長。<url name="【その他の写真】" url="http://www.recordchina.co.jp/group.php?groupid=40865">

写真拡大

2010年3月24日、作家・陳希我(チェン・シーウォー)氏はブログで「トヨタよ、なぜ謝る必要があるのだ?」を発表した。以下はその抄訳。

トヨタ自動車の豊田章男社長は米公聴会に出席した後、中国・北京を訪問。リコール問題について謝罪した。責任を負おうという姿勢を見せたのだ。この点は我々中国人とは全く異なる。中国人は何か問題があれば、まずは誰かのせいにしようと思うからだ。言い訳ばかりするダメ学生のようなものだ。

【その他の写真】

先日、米メディアはトヨタの今日の苦境が米自動車メーカーが10年がかりで取り組んだ「陰謀」だと伝えた。「国家機密」級の陰謀まで報道するとは米国の透明性は恐ろしいほどだ。さて、「陰謀」と知った日本人は大喜びしているに違いないと思ったが、日本の報道を見ると、これまで同様、自国企業のトヨタを批判している。

日本は集団意識が強い国と言われる。ましてやトヨタは国家経済の牽引車ではないか。しかし日本人の集団意識とはむやみにかばうことではなく、批判し本当の意味での責任を負わせることなのだ。

ひるがえって中国人はというと、孫文が「ばらばらの砂だ」と表現したように集団意識が欠けているといわれるが、しかしある時には日本人以上に集団的であるようにも思える。海外に批判され、団結して立ち向かう時がそうだ。しかし、各人の心理はというと、自分も他人も同じ不満を抱えているので一時共闘するだけ。外敵がいなくなれば、すぐにお互い殴りあいを始める。人と対立する気性が骨髄にまでしみこんでいるのだ。これのどこが愛国と言えるだろうか。いわゆる愛国とはつまり権力の謀略、一般市民の責任を負わない態度でしかない。(翻訳・編集/KT)

●陳希我(チェン・シーウォー)
1960年代生まれ。1990年代に日本に留学経験あり。教員や編集者、さらにはカジノや埠頭での仕事も経験した。帰国後は作家、コラムニストとして活躍している。比較文学・世界文学の博士課程に身を置きながら、雑誌の編集者を務めている。

【関連記事】
<レコチャのアンケート>トヨタのリコール問題、「メイド・イン・ジャパン」全体に波及する?
<トヨタリコール問題>現地販売会社トップが工商局を訪問、補償問題など話し合いか―浙江省
<トヨタリコール問題>中国人は差別されている?!米国と違うリコールの対応―中国メディア
<中国人が見た日本>トヨタ品質で勝負してきた日本の「ものづくり」は過去のもの?
<中国人が見た日本>あのトヨタまでもが苦境に…、日本はどうしてしまったのか?