24日、四川省で謎の生物が捕獲された。ほとんど体毛がない姿は奇怪な印象を与える。現地住民も見たことがない種だという。<url name="【その他の写真】" url="http://www.recordchina.co.jp/group.php?groupid=40862">

写真拡大

2010年3月24日、四川省遂寧市大英県で、謎の生物が捕獲された。25日付で四川新聞網が伝えた。

24日未明、柯素英(コー・スーイン)さんはニワトリが騒ぐ声で目を覚ました。泥棒に違いないと慌てて外に出ると、薄い灰色の犬ぐらいの大きさをした動物がニワトリを襲っていた。駆けつけた近所の助けもあり、しばらくしてその動物を捕まえることに成功した。

【その他の写真】

問題のこの動物。今まで誰も見たことがない、不思議な姿をしている。体長が60cm前後。頭部が小さく、尾部が大きい。全長の半分近くに及ぶ長いしっぽを持っている。全身の毛はほとんどなく、背中前部にわずかな褐色の毛が生えているだけだ。犬に似た頭と牛に似た鼻。そして肉食獣のような手足を持っている。

この謎の生物はいったい何なのか。解決の糸口はひょんなところから現れた。同じく大英県に住む陳さんは先日、不思議な動物を拾ったという。調べた結果、ムナジロテンだと判明した。そのムナジロテンを連れて柯さんのもとに訪れたところ、謎の生物はムナジロテンによく似ていることが判明した。大英県林業部門は謎の生物とムナジロテンを引き取り、研究を進める計画だ。(翻訳・編集/KT)

【関連記事】
ビックリ人間大集合!中国衝撃映像ライブラリー
こんな動物見たことある???口はブタ、目はウサギ、体はキツネ―江西省宜春市
悲惨…世にも奇妙な奇形のブタ誕生、しかも「食べちゃった」って?!―重慶市
また出た、カナス湖の怪物!?遊覧客が正体不明生物の撮影に成功―新疆ウイグル自治区
「体はネズミ、耳はウサギ、尻尾はネコ」のフシギ生物を捕獲、その正体は?―重慶市