インテルFWマリオ・バロテッリはあまりメディアと話さない選手だ。だがいずれにしても、彼はニュースになる。3日放送のイタリアのテレビ番組「イエネ・ショー」の中で、バロテッリは様々なテーマについて述べ、ワールドカップ(W杯)に出られなければ、ディナーをおごると賭けをしている。

「オレがW杯に行けるかどうか、ディナーを賭けようか? W杯に招集されたら、オレは君にユニフォームを持ってきてあげるから、君はオレに3回分のディナーをおごるんだ」

また、バロテッリは友人であるサンプドリアFWアントニオ・カッサーノからアドバイスを受け取ったと話している。

「2年前と去年、彼はアドバイスしてくれた。オレが試合に出ていなかったときにね。落ち着くんだって言われたよ。オレはビッグクラブにいて、監督が自分のことを好きでいてくれているんだからってね。あと、オレと一緒にプレーしたいとも言ってくれた」

インタビュアーがナンバーワンになる方法を尋ねると、バロテッリは次のように答えている。

「努力して、練習でしっかり働き、簡単なことも不可能なことも改善できるように努めること。ほぼ不可能なことってことだよ。つまり、一度できたことを、何度もできるようにする必要があるんだ。練習するべきかって? そうだよ。それから、試合に出ることだね。スタメンでって意味じゃない。でもとにかく、試合に出るんだ。そこで改善できるんだ。練習でトライしても、日曜にやらなかったら、何の意味もないからな」