キヤノン「EOS Kiss X4」

キヤノンは2010年2月9日、フルハイビジョン対応の動画撮影機能をさらに充実させたエントリー向けデジタル一眼レフカメラ「EOS Kiss X4」を2月26日より発売すると発表した。
価格は、オープンプライス。

「EOS Kiss X4」は、市場から高い評価を得ている2009年4月発売の「EOS Kiss X3」の画質や動画機能などの基本性能を大幅に向上させるとともに、使いやすさと多彩な機能を追求したエントリー向けのデジタル一眼レフカメラだ。

キヤノンが「EOS Kiss X4」を発売するに至った背景と、特長を写真とともに見てみよう。

■デジ一眼市場は成長する
2009年の全世界でのデジタル一眼レフカメラの出荷台数は、年末に伸びが鈍化したものの、年間を通した市場は対前年比約2.3%増の約990万台に達した※1。

正面から見た「EOS Kiss X4」

2010年は世界経済の停滞の長期化が懸念されるものの、デジタル一眼レフカメラ市場は、対前年比で約11.1%増の約1,100万台と、堅調な成長の継続が見込まれるとキヤノンは判断し、「EOS Kiiss X4」を市場へ投入するに至った。
※1 マイクロフォーサーズシステムやユニット交換式カメラを含む
背面から見た「EOS Kiss X4」

■ここがポイント!「EOS Kiss X4」の特長
●綺麗で鮮明な写真が撮れる
「EOS Kiss X4」は、新たに開発された約1800万画素のCMOSセンサー(APS-Cサイズ)と、高性能映像エンジンDIGIC 4により、常用設定できるISO感度※2を 100〜6400まで拡大するとともに、拡張設定にISO12800を用意しており、暗い場所でも手ブレや被写体ブレを抑えた撮影が可能だ。
※2 ISO感度は推奨露光指数
左側面から見た「EOS Kiss X4」

ISOオート時にISO感度の上限を任意に設定できるようになり、明るいシーンから暗いシーンまで、目的に合わせて、幅広い場面での撮影に威力を発揮する。
右側面から見た「EOS Kiss X4」

●多彩なフルHD動画撮影が可能
「EOS Kiss X3」から好評のフルHD(1,920×1,080画素)記録による動画撮影機能をさらに進化させた。「自動露出」による撮影に加え、今回新たに絞り数値やシャッター速度、ISO感度を任意に設定して撮影できる「マニュアル露出」にも対応した。
上面から見た「EOS Kiss X4」

また、通常撮影時の約7倍の望遠撮影が可能な「動画クロップ」機能(SD画質)を搭載している。
底面から見た「EOS Kiss X4」

「EOS Kiss X4」製品情報
キヤノン

ITライフハック
ITライフハック Twitter

■AV関連の記事をもっとみる
可愛いだけじゃない!テレビも映る8インチ液晶モニタ
こびとは入ってないよ!しゃべるカラー電子辞書が登場
謎のデジ一眼!ペンタックス、ティザーサイトを公開
パナソニック 西口氏が語る!3DテレビによるAV戦略