26日、中国のブログサイトに「中国人と和食、得をしたのはどっち?」と題した記事が掲載された。作者はスペイン・バルセロナの大学院で金融を学ぶ女子学生。現地日本食レストランのほとんどは中国人が開いたものだという。写真は日本食。<url name="【その他の写真】" url="http://www.recordchina.co.jp/group.php?groupid=39232">

写真拡大

2010年1月26日、中国のブログサイト・新浪博客に「中国人と和食、得をしたのはどっち?」と題した記事が掲載された。作者はスペイン・バルセロナの大学院で金融を学ぶ女子学生。現地日本食レストランのほとんどは中国人が開いたものだという。

記事によると、バルセロナではチェーン店「WOK」(編集注:中華鍋の意味)系列の日本食レストランが大人気。寿司や刺身、天ぷらから鉄板焼きまで様々な日本食が手頃な値段で食べ放題とあり、作者が訪れた日曜日は満席の盛況ぶりだった。「WOK」は日本食を売りにしているが、実際はオーナーのほとんどが中国人。つまり、スペインでは中国人が作る日本食が「本場の味」として人気を博している。

【その他の写真】

作者は、中国人が「日本」を看板にしなければ金儲けができない現状を嘆き、スペイン人がこれほどまでに日本食を好む理由を考察した。まずは「文化レベルの高さ」。電化製品からアニメまで、スペイン人は日本が大好き。日本食を食べることは日本文化の一端に触れることにつながる。

また、日本食は栄養バランスやいろどり、新鮮さにこだわっており、味もさっぱりしていてスペイン人の味覚に合っている。地中海沿岸は魚介類が豊富なため、刺身を作るのも問題ない。筆者は、プライドの高いスペイン人がステータスの高い日本食を好むのも当然だと分析した。

筆者はまた、中国人は日本食レストランの経営でかなりの利益を手にする半面、スペインにおける日本食の普及にもかなり貢献していると指摘。だが、日本文化を少しも知らない中国人が見よう見まねでやっているだけであれば、「かえって逆効果になる」とした。筆者は最後に、中国人のこうした手先の器用さを中華料理の再興に役立てて欲しいと訴えている。(翻訳・編集/NN)

【関連記事】
日本への挑戦!モノづくりの「勤勉」と「品質重視」に対抗する中国企業―英メディア
生活の隅々までいきわたっている日本人の細やかな心づかい―日本華字紙
日本女性はなぜ太らない?!秘訣は和食と「腹8分」…―中国ブログ
<在日中国人のブログ>胃袋は正直に語る…日本食が不可欠な私の食生活
<在日中国人のブログ>冬でもナマ脚丸出しの日本女性、ホントに寒くないの?