カカ、ハイチ救済マッチでゴール

ハイチ地震の被災者救済のためのチャリティマッチが25日にリスボンで行われた。ジネディン・ジダン、ティエリ・アンリ、ロベール・ピレスの新旧フランス代表をはじめ、ルイス・フィーゴ、カカら24人以上の現役&元代表選手が集まった。

国際連合開発計画(UNDP)の貧困撲滅キャンペーンの一環として毎年行われている試合を今回は特にハイチ救済としたもので、UNDPとポルトガルのクラブであるベンフィカが、ベンフィカのホームであるスタジアム・オブ・ライトで開催した。

試合はジダンのチームが、ベンフィカの新旧選抜チームと対戦し、カカなどのゴールで3−3で引き分けた。