巨人・滝鼻卓雄オーナーが14日に行われたスタッフ会議の席上で「選手のファン対応改善」を厳命したという。

 報道によれば、その内容は具体的かつ細かい。「ファンに対して礼儀正しい姿勢を見せる」、「試合後にファンから握手を求められたら、しっかり対応する」、「(帰りの)バスに乗ってからもファンから声をかけられたり手を振られたら、笑顔を見せなければいけない」といったもので、「それができない選手は罰として、グラウンドに戻って走らせる」とまで語ったそうだ。

 かつては断然の人気を誇った巨人も、人々の野球離れの影響を少なからず受けている。テレビ中継の視聴率は落ちる一方。中継数自体も激減した。

 とはいえ、昨年はセ・リーグ3連覇を達成。日本一にもなった。他球団の4番やエースを大枚はたいて獲得することから「強奪球団」などとも言われてきたが、最近は生え抜きの若手の活躍も目覚ましく、イメージも良い方に変わりつつある。他球団と比べれば経営は順調といえるだろう。

 にもかかわらず、トップが選手に「礼儀正しくしなさい」、「できなければ走って反省してもらう」と子どもに言い聞かせるような注意をしたのだ。

 滝鼻オーナーは、その意図をこう語ったという。

「大衆、野球ファンに支持される球団にならないといけない。人気にあぐらをかいていると、何かの時にファンは離れていく」と。この“何かの時”にファン対応が入っているということだ。おそらく滝鼻オーナー自身も、選手のファン対応の悪さを見聞きしているのだろう。

 筆者も宮崎キャンプ取材をした際、何度かそのようなシーンを見たことがある。練習後、帰る選手にファンが近寄り、プレゼントを渡したり、サインをねだろうとするのだが、多くの選手がそれを無視するように足早にバスに向かう。サインに対応したとしても、ファンとは目を合わせず、面倒くさそうにペンを走らせて終わりだ。もちろん中には足を止め、にこやかにファンと会話しながら丁寧にサインする選手もいるが、大半は無愛想だった。

続きはこちら
■関連記事
・東京ヤクルトが必死の営業努力 観客動員数を増やす近道はどこにある?
・東北・北海道でかつて無いファンの熱気!北国に根付いた新たなスポーツ文化
・巨人のミラクルVでも盛り上がらず プロ野球で気になるファンとの「温度差」
・強すぎる巨人の陰で、セ・リーグの戦力格差が拡大していく悪循環
・日本でも応援が過激化。プロスポーツ「熱狂的ファン」の実態