回し者が…

写真拡大

<テレビウォッチ>小木逸平が質問。「あなたは洗濯物をどうやって乾かしますか」

   日本では洗濯物の乾燥に、乾燥機を「使う」21.7%、「ときどき」44.2%、「あまり使わない」29.2%、「使わない」4.9%(ノーリツ調べ)。だが、どんなときに使うかとなると、「天気が悪いとき」72.8%、「早く乾かしたい」43.9%で、「いつも使う」は7.4%でしかない。


   「シーツとか大きいもの」(赤江珠緒)

   「太陽出なかったらあきらめますね」(木場弘子)

   まあ日本人の平均といってよさそうだが、アメリカでは全く違うのだという。天日干しをしているペンシルベニア州の主婦は、「貧乏人と書かれた紙を投げ込まれた。泣きそうになったわ」という。スタジオは一斉に「エーッ!」

   小木は絵解きで、アメリカでは乾燥機で乾かすのが一般的で、乾燥機の有無が貧富のバロメーターになっているのだと。

大谷昭宏が、「乾燥機業者の回し者がいるんじゃないか?」(笑い)
小木は「姉がアメリカにいますが、巨大な乾燥機を使っている。聞いたら、『アメリカの服は丈夫なのよ』といってました」(笑い)

   それだけでなく、外に干すと罰金などの規制もあるのだそうだ。「マンションなど、価値が下がってしまうとか」

   山口一臣が、「日本でも高級マンションなんかでありますね」

   で、東京のアメリカ人に聞くと。

男性「(日本でも)洗濯物は干さないね」
女性「母が訪ねてきて、貧しい人がやるものよとびっくりしてた」
男性「びっくりした。パンツがみえたら恥ずかしい」(笑い)
木場が、「電気を食うんだから、やめましょうよ」

   そのアメリカでも、動きがある。先のペンシルベニア州の主婦は、州議会に「外干し禁止を禁止してくれ」と働きかけて、法案提出にこぎつけたのだそうだ。同様の動きはほかにもあって、3州で同様法案が可決された。エコの観点からだという。

   乾燥機は、アメリカの家庭内の電力消費の1割以上になっているといい、グリーン・ニューディールを叫ぶ以上、これも必然なのか。これじゃあ温暖化対策は大変だ、というのが実感。

ヤンヤン

J-CASTテレビウォッチとは?

ワイドショーやドラマなどのテレビ番組を独自の視点でウォッチします。カリスマ占い師の不思議な言動や深夜のオモシロ番組もここでチェック!
新たにJ-CASTニュースショップがオープン!