美しい画質と満足度へ ユニット交換カメラ リコーGXR

高画質なデジタルカメラといえば、デジタル一眼カメラというのが常識です。しかし今、高画質デジタルカメラの新しい選択肢が登場しました。それがユニット交換式のデジタルカメラ「リコーGXR」です。

■独走的なレンズ交換方法
GXRと一般のデジタル一眼の大きな違いが「マウント」の有無です。

これまでの一眼カメラでは、本体とレンズは「マウント」で着脱する方式が採用されています。
マウント方式は、レンズ後玉から撮像素子までの距離(フランジバックやバックフォーカス)を確保する必要があるため極端な小型化は難しいほか、レンズ交換時のホコリの侵入も避けられません。

GXRでは、レンズと撮像素子を一体化したユニットごと交換する方式を採用しました。この方式であれば、フランジバックやバックフォーカスを調整できますので、これまで以上に小型化することが可能となります。
また、レンズ交換時でも撮像素子とレンズは一体化しているのでホコリ侵入の心配がありません。

■レンズ性能を最大の引き出す
ユニット交換式の利点は小型化だけではありません。高画質な写真に一番重要な、レンズの性能を十分に引き出すことができるのが最大のメリットです。

ユニット交換式のデジタルカメラ「リコーGXR」

マウント交換式のカメラでは、1つの撮像素子で交換する複数のレンズ画像を記録するため、偽色や色モアレを防ぐローパスフィルターの設定など、汎用的な調整をしなければなりません。その点、GXRでは撮像素子とレンズが1対1で構成されているため、レンズ個々に特性にあわせた調整が施せるのです。

■大型CMOSセンサーが生み出すシャープさと美しいボケ味
50mm F2.5レンズと有効画素数約1230万画の23.6mm×15.7mmのCMOSセンサーを搭載する「GR LENS A12 50mm」は、美しいボケとシャープな解像度を再現します。また、ISOは最大3200と暗い室内や夜景でもフラッシュなしで撮影できる高感度設計となっています。

■高級感が溢れるマグネシウム合金ボディ
カメラにとって、本体の質感・重量は大切な要素です。小型カメラでは、軽すぎてもホールドが不安定となります。マグネシウム合金を採用したボディの質感と重さは、写真を撮る際の満足度や安心感を与えてくれます。

■GRデジタルゆずりの使い勝手
操作性はADJダイヤルなど、使い勝手の良さで定評のあるGRデジタルの操作性を受け継いでいますので、GRデジタルを使ったことのある人はもちろん、初めて使う人でも直ぐに使い方になれるでしょう。またGRデジタルゆずりの電子水準器が搭載されていますので、水平・垂直の確認も安心です。

リコー GXR