19日、日本企業の中国人女性従業員がセクハラで日本人上司を訴えた裁判が結審した。裁判所はセクハラを認定し、日本人上司に書面での謝罪と賠償金の支払いを命じた。写真は書店で販売されている「婦女権益保障法」。<url name="【その他の写真】" url="http://www.recordchina.co.jp/group.php?groupid=38143">

写真拡大

2009年12月19日、日本企業の中国人女性従業員がセクハラで日本人上司を訴えた裁判が結審した。大洋網が伝えた。

原告のAさんは今年28歳。大学で日本語を学び、2001年に日本企業に就職した。希望の職場で充実した時間を過ごしていたと言うが、昨年8月に日本人上司が着任して以来、苦しい時間に変わったという。

【その他の写真】

問題の上司はAさんの手足や体をさわるなどのセクハラを繰り返した。懸命に抗議したが、笑って取り合ってはもらえなかったという。決定的だったのは昨年の忘年会。後ろから抱きかかえられ、胸までさわられたとAさんは話している。

その後、Aさんは上司による書面での謝罪とセクハラとりやめの保証書とを要求した。会社経営陣はセクハラを認めたものの、「上司はAさんに好意を抱いていた」「酒の席だった」「書面での謝罪は上司の経歴に汚点となる」としてAさんの要求を拒否した。

会社側の対応に失望したAさんはついに訴訟に踏み切った。セクハラ裁判は立証が難しいことから訴訟の先行きを不安とする声もあったが、忘年会での写真や証言を証拠として、Aさんは勝訴。裁判所は日本人上司に書面での謝罪と賠償3000元(約3万9800円)の支払いを命じた。同裁判は広東省で初となる原告が勝訴したセクハラ裁判となった。(翻訳・編集/KT)

【関連記事】
<セクハラ>中国女性、日本の元上司を提訴―東京
セクハラの事実なし、上司訴えた松下電器の女性従業員に謝罪命令―中国
中国初の「セクハラ裁判」、部下に無理矢理キスした被告に拘留5か月―四川省
“立ちション”が命取りに!清朝末期のとんでもない「セクハラ事件」とは―中国
ホステス殺害の日本人被告、控訴せず無期懲役が確定=中国で服役へ―江蘇省蘇州市