9日、オバマ米大統領が先月の訪中で講演を行った際、背後に着席していた美貌の女子大生が注目され、またたく間に全国区のネットアイドルとなった事件について、渦中の本人がヤラセであることを認めた。写真は先月の報道。<url name="【その他の写真】" url="http://www.recordchina.co.jp/group.php?groupid=37845">

写真拡大

2009年12月9日、オバマ米大統領が先月の訪中で講演を行った際、背後に着席していた美貌の女子大生が注目され、またたく間に全国区のネットアイドルとなった事件について、ある業界関係者が「これは綿密に計画された彼女の売り出し作戦である」と発言した。湖北省のニュースサイト・漢網が伝えた。

先月16日、中国訪問中のオバマ米大統領が上海市科学技術館で講演を行った際、後ろに座っていた女性の突出した美貌がカメラマンの目にとまり、彼女が真っ赤なコートを脱いで席に着くシーンが撮影された。この画像は翌日にインターネット上に流出し、あっという間に話題に。女性の個人情報もすぐさま判明し、一躍、時の人となった。

【その他の写真】

話題の女性は王紫菲(ワン・ズーフェイ)さん。名門・上海交通大学で学ぶ才女である。美貌、知性だけではなく音楽の才能に秀で、「キャンパスの花」として校内では有名な存在で、この日は在校生代表として講演会に出席していた。

しかし、ある業界関係者によると、一連のプロセスはすべて事前に計画され、意図的に仕掛けられたものであるという。実業家である王さんの恋人が、北京のIT関連企業に10万元(約128万円)を支払い、ネットでの人気爆発を仕掛けたのだという。彼女はこれをきっかけに芸能界入りを望んでいたとその人物は見ている。

事件については、一般人からも疑問の声が多数挙がっていた。彼女の完璧すぎる立ち居振る舞いから「素人の学生らしくない」との声が上がったり、「オバマ大統領演説というシーンで、何故彼女だけを被写体にした写真が存在するのか?」というのが彼らの主張だ。これについて自身のブログで再三、「ヤラセ疑惑」否定をしていた彼女だが、このほど一転して、これを認めた。

「みなさん、本当に申し訳ございません。写真の一件以来、多くのメディアから取材を受けるようになった現在までの全プロセスは、一切が仕組まれたものでした。どうぞ好きなだけ罵ってください」と、自虐的なまでの謝罪を行った。王さんの説明では、「一夜にして有名人にしてやる」とこの話をもちかけたのは、王さんの友人のカメラマン。王さんはかねてより芸能界入りを希望していたが、オーディションなどで臨むような結果が出ず、「彼の申し出は、芸能界を夢見る人にとってはどれだけ大きな誘惑だったでしょうか」と心情を綴った。

しかし騒ぎが大きくなった今、王さんは精神的に追い込まれ、芸能界入りを完全にあきらめたという。「今はただ静かな生活を取り戻したい」、それが現在の王さんの唯一の願いだ。(翻訳・編集/愛玉)

【関連記事】
上海講演時のオバマ大統領の背後に、絶世の中国人美女!あれは何者?とネット騒然―中国
<続報>オバマ背後の謎の美女、ヤラセ疑惑に反論―中国
<レコチャのアンケート>天皇陛下への「90度おじぎ」は?オバマ大統領アジア初歴訪への評価
<早分かり>「iPhoneガール」って誰?1週間で世界の有名人になった「中国一美しい労働者」―中国
「かわいすぎ!」路上の飴売り美少女が話題に―陝西省西安市