19日、以前は中国の観光地という観光地は、修学旅行の韓国人学生であふれていた。ところが一昨年からぱたりと姿を消してしまった。新浪ブログのあるエントリーは修学旅行生「消失」の原因を解明した。写真は韓国人学生の中国旅行団。<url name="【その他の写真】" url="http://www.recordchina.co.jp/group.php?groupid=37343">

写真拡大

2009年11月19日、北京の王府井、上海のバンド……、以前は中国の観光地という観光地は、修学旅行の韓国人学生であふれていた。ところが一昨年からぱたりと姿を消してしまった。新浪ブログのあるエントリーは修学旅行生「消失」の原因を解明した。以下はその抄訳。

韓国のある旅行代理店経営者に中国旅行の問題点について話を聞いた。不満点として上げられるのはまずトイレの汚さ。素晴らしい観光地、そびえたつ高層ビルには歓声を上げる観光客もトイレには閉口する。そして旅行ガイドの強欲さも不満を呼んでいる。ツアー中は疲れ果てるまで土産物屋に連れて行かれるばかりか、店とキックバックの契約を結んでいるガイドは客が買い物しないと途端に不機嫌になるという、飛んだとばっちりまであるのだとか。

【その他の写真】

もっともこうした原因は修学旅行客「消失」の原因ではない。真の理由とは韓国文化観光部が中国への修学旅行を禁止したことが理由だいう。なぜ国が修学旅行先にまで口を挟むかというと、ある事件が関係している。修学旅行生がホテルに入るとすぐに部屋の電話が鳴る。かけてきたのは性風俗に従事する女性。英語も韓国語も話せないが電話を受けたのが外国人だとわかるとすぐに電話を切り、部屋にまでやってくる。

強引かつセクシーな女性の誘惑に負け、サービスを受けてしまった学生も少なくないようだ。なかでも問題となったのは、「サービスの一部始終」を録画しネットで公開した学生がいたこと。これが大事件となり、中国への修学旅行禁止されてしまったと旅行代理店経営者は話している。(翻訳・編集/KT)

【関連記事】
<在日中国人のブログ>清潔なトイレにこだわる日本人、中国の「ニーハオトイレ」は理解不能
ガイドのバックマージンに5万元の罰金、新旅行会社条例―中国
<調査>「風俗嬢との経験」は5.2%=80年代生まれの若者―広東省
<中国ヘンテコニュース>サービス中にニセ札とすり替え!ベッドの下から延びる手にご用心―広東省広州市
「まるで追い払っているかのよう」=中国人観光客への冷淡な対応を改めよ―韓国紙