松田優作のドキュメンタリーとタイアップした「ハードボイルドカップめん」。

写真拡大

今年9月21日に生誕60年を迎えた俳優の松田優作は、没後20年が経った今もなお、熱烈なファンに支持されている昭和を代表する大スターの一人。この節目の年に合わせ、11月6日から松田優作の軌跡を振り返るドキュメンタリー映画「SOUL RED 松田優作―生きているのは、お前か俺か」が公開されるが、時を同じくして、同作とタイアップした“ハードボイルドカップめん”こと、「スパイシーレッドヌードル」がエースコックから登場する。11月9日に発売で、価格は190円(税抜き)。

「スパイシーレッドヌードル」は、その名の通り、“辛さ”と“赤さ”が特徴の、真っ赤なスープのカップめん。「松田優作のハードボイルドでストイックな生き様を表現」(エースコックより)したという、実に男らしいコンセプトの商品だ。

パッケージには松田優作のビジュアルと、ドキュメンタリー映画を含め、「松田優作没後20年を迎える節目の年に『本物を伝えたい』」との想いから今夏立ち上げられたプロジェクト「Soul Red Project」のロゴを配置。映画の世界観を訴求している。

映画「SOUL RED 松田優作」は、松田優作にとって“最初で最後”の公式ドキュメンタリー。「ホンモノとはなにか」を自問し、「まじめに取り組むことの尊さ」を体現し続けた松田優作の生き様や軌跡がつづられるだけでなく、肉声インタビューや秘蔵映像など、貴重な資料も盛り込まれた作品だ。映画の現場をともにした関係者や、松田優作に影響を受けた著名人(浅野忠信、香川照之、宮藤官九郎、仲村トオル、森田芳光など)のインタビューも収録されている。