ニッポンの性風俗産業の多様化は、世界でも屈指だと言われている。・・・にもかかわらず、日避妊具メーカーのデュレクス社の「セクシャル・ウェルビーイング・グローバル・サーベイ(性生活幸福度世界調査)」では、毎年、日本人の年間セックス回数は、極端に少ないと発表される。この矛盾の真相について考えてみた。

2008年4月発表の「セクシャル・ウェルビーイング・グローバル・サーベイ(性生活幸福度世界調査)」の調査対象は26か国、2万6032人。
以下は、「週1回以上性生活がある」と答えた人の割合を示したランキング。
1位・ギリシャ87%
2位・ブラジル82%
3位・ロシア80%
4位・中国78%
5位・イタリア・ポーランド76%
7位・マレーシア74%
8位・スイス72%
9位・メキシコ・スペイン・南アフリカ71%
12位・フランス・オーストリア70%
14位・ドイツ・インド68%
16位・タイ65%
17位・オランダ・ニュージーランド63%
19位・香港・シンガポール62%
21位・オーストラリア60%
22位・カナダ59%
23位・イギリス55%
24位・アメリカ・ナイジェリア53%
26位・日本34%
日本は、最下位である。
ちなみに、「性生活満足度」について「満足している」と回答したのが世界平均で44%に対し、日本は15%、中国は13%。 これらを総合すると、中国は性生活の回数は多い(週に1回以上が78%)が満足度は低く(13%)、日本は性生活の回数も少なく(週に1回以上が 34%)、満足度も低い(15%)となる。


この数字だけを見ると、日本人は、「セックスをしない国民」「セックスが嫌いな国民」となるのだが・・・。実のところは、そうではない。

「セックスパートナーを換え易い日本人」というコラムには、2004年の統計を下記のようにまとめているので紹介させていただく。

日本人はセックスする相手を換え易い。

続きはこちら