「ウィンドウ」-「新しいウィンドウを開く」(Office 2003の場合)

写真拡大 (全2枚)

Excelをデータの集計に使用している人の中には、ブック内の異なるシートを見比べるために同じブックシートを同時に開きたい人もいるだろう。

ところが、いざ同じブックシートを開こうとすると、「既に開いています」というメッセージが表示されてしまい、同時に開くことができない。

実は、同じブックシートを簡単に開く方法がある。

■ボタンひとつで同じシートを開く
面食らうかもしれないが、「新しいウィンドウを開く」を選択するだけで、同じシートを同時に開くことができる。
まさに知っているか、知らないかで大きな違いとなるのだ。

●Office 2003の手順
1.「ウィンドウ」-「新しいウィンドウを開く」

●Office 2007の手順
1.「表示」-「ウィンドウ」-「新しいウィンドウを開く」

現在表示しているウィンドウがそのまま新しいウィンドウに表示される。タスクバーには、ブックシートを区別するために「:1」「:2」のように番号が振られる。

以上のように、「新しいウィンドウを開く」の操作を知っていれば、同じブックシートの中の異なるシートを見比べたり、シートをまたいだ操作が可能となり、作業効率を飛躍的にアップさせることができるわけだ。


■もっと【知っ得!Excel 虎の巻】をみる
どうする?重複したデータをひと目で確認するには……
ウィンドウを分割!離れたセルを同時に見るワザ
もう面倒!表をコピーしたらセル幅が元に先祖帰りしちゃった
面倒な罫線入れもこれで解決!罫線を自動で入力させるワザ