メキシコ出身のイケメンPhoto:アフロ

写真拡大

「天国の口、終りの楽園。」「ミルク」などで知られるメキシコ出身の俳優ディエゴ・ルナ(29)が、ファミリードラマ「アベル(Abel)」で映画監督デビューを果たすことになった。米バラエティ誌が報じた。

ルナが盟友ガエル・ガルシア・ベルナルと立ち上げた製作会社カナナ・フィルムズのプロデュース作品で、俳優ジョン・マルコビッチも共同プロデューサーとして参加する。主演は、「イノセント・ボイス/12歳の戦場」「タブロイド」のメキシコ人俳優、ホセ・マリア・ヤスピク。2010年の公開を目指して、すでにメキシコシティでの撮影が始まっているとのこと。

ルナは07年に、メキシコ人ボクサー、フリオ・セサール・チャベスのドキュメンタリー映画「J.C. Chavez」でもメガホンを取っているが、劇場用映画としてはこれが初監督作品となる。