インテルは、公式ホームページでFWズラタン・イブラヒモビッチが母国スウェーデンに帰国したと発表した。イブラヒモビッチはジョゼ・モウリーニョ監督をはじめ、チームメイトに別れの挨拶をしている。すでにFWサミュエル・エトーはインテルへの移籍に合意しているため、イブラヒモビッチがバルセロナと正式な契約を交わせば、インテルとバルセロナの間で大型トレードが成立することになる。

インテルのイブラヒモビッチが、クラブと同意の上でプレシーズンキャンプを行なっているアメリカからスウェーデンに帰国した。イブラヒモビッチはモウリーニョ監督やチームメイト、チームスタッフに別れの挨拶をしている。数日後には、イブラヒモビッチのバルセロナ移籍が正式に発表されることになるだろう。

その一方で、バルセロナのエトーはインテルとの交渉に合意した。エトーの代理人であるジョゼップ・マリア・メサジェス氏が明らかにした。

「インテルとの交渉はまとまった。インテリスタにメッセージ? インテルの目標であるチャンピオンズ・リーグも、勝つことができるだろう」