18日、中国雲南省保山市隆陽区の青龍寺にある樹齢100年の大木に落雷があり、数千羽のスズメが感電死した。<url name="【その他の写真】" url="http://www.recordchina.co.jp/group/g33562.html">

写真拡大

2009年7月18日、中国雲南省保山市隆陽区の青龍寺にある樹齢100年の大木に落雷があり、数千羽のスズメが感電死した。雲南網が伝えた。
同寺の尼僧によると、雷雨は午前3時ごろから6時ごろまで降り続いた。大きな雷の音が何度も鳴っていたという。この尼僧は朝起きると、30mほどの高さの大木の下に無数のスズメの死骸が横たわっているのを発見。寺の主管らを呼んで数えてみたところ、その数は数千羽にも上った。あまりに凄惨な光景に誰もが息をのんだという。
【その他の写真】
寺の主管によれば、前日の夜8時ごろ、猫や鳥が異様な鳴き声を上げるなどの異常行動がみられた。寺はこれらスズメの死骸を手厚く葬ることにしている。(翻訳・編集/NN)
【関連記事】
内モンゴルの各地でイナゴが大量発生=駆除薬品を大量に散布、薬害の懸念も―中国
<異常気象>蚊が大量発生、住民の生活に影響―広東省東莞市
ミツバチが原因不明の大量死、生態系への影響に懸念も―広東省
封鎖された鍾乳洞から大量の人骨、清朝の邪教・白蓮教の残党か―重慶市
万里の長城を観光中に雷直撃、新婚夫婦が死亡―北京市