三浦 誠氏の写真展「彷徨の視覚」

株式会社リコーは、東京・銀座のフォトギャラリー「RING CUBE」において、写真家 三浦 誠氏の写真展「彷徨の視覚」を2009年7月15日より開催した。

今回の展示は、2008年11月から2009年3月までの期間に寄せられた公募作品の中から選ばれた写真家による個展。三浦 誠氏は、これまでになかった中国の旅の魅力を幻想的なシーンの中に再現した作品を応募し、個展を開催する栄誉を得た。

●中国での自らの彷徨を記録
三浦 誠氏は中国各都市を訪問し、自らの彷徨を記録。アンダーな色調で表現することによって、自己の内面を描いている。プリントの色彩は、同氏にとっての原色だという。

開催期間:2009年7月15日(水)〜2009年7月26日(日)
     11:00〜20:00
     入場無料。火曜日休館

●三浦 誠氏のプロフィール
5月13日東京生まれ。社団法人日本写真家協会会員。2005年コダックフォトサロン(東京)、2003年ギャラリー旬(名古屋)、1995年クリエイトギャラリー(名古屋)、1993・1994年JPCCギャラリー(名古屋)、1991年石川近代文学館(金沢)にて個展。現在、ワークショップ写房の主宰講師。

RING CUBE
東京都中央区銀座5-7-2 三愛ドリームセンター(9F受付)地図
RING CUBEの連絡先: 03-3289-1521

「RING CUBE」 - 公式サイト
株式会社リコー

■関連記事
全長約5mのゾウも出現!RING CUBE、写真展「銀座どうぶつ園」
RING CUBE、写真展「TASTE OF SINGAPOREAN PHOTOGRAPHY」を本日より開催
リコー、「TASTE OF SINGAPOREAN PHOTOGRAPHY」展を開催
ニュース番組を写真のテーマに!日本テレビ「ZERO写真展」を開催RING CUBE バックナンバー一覧