日本テレビ系列『おしゃれイズム』(28日放送分)には、フィギュアスケート・安藤美姫がゲストで出演。パーソナリティの上田晋也、藤木直人、森泉らと軽快なトークを楽しみながらも、その天然キャラぶりをいかんなく発揮した。

友人から“止めてほしいこと”として、「すごく気に入ったからといって、まだお会計の済んでいない商品(靴)を履いて、店内をウロウロして他の商品を選ぶのはやめて下さい」というメッセージが届いた安藤。「(店内を)見てて、アッと思ったら、もう忘れちゃって、(靴を)履いてるの。で、(他の商品を)見にいっちゃうんです」とその理由を説明したが、上田が「どっか、回路が切れてるの?」とツッコミを入れても、「はい!」と嬉しそうに返事をするのだった。

また、休みの日は家で引きこもっているという安藤だが、「あまり遊びに行ったりとかはしないの?」と尋ねた上田に、「アメリカでは凄い行きます。買い物とか。日本だとちょっと疲れが逆に溜まっちゃって」と返答したが、「声掛けられたりもするしね」と上田に合いの手を入れられても、「あんまりしないですね」とキッパリ。どうにも、上田とトークが噛み合わない安藤は、「歩き疲れちゃうんです」と言い放ったが、この答えには冷静な藤木も「アメリカでも歩きつかれるわ」と叫ばずにはいられなかった。

その他にも、上田が「(衣装が)破けてるんじゃないとか、そういうハプニングってないの?」と訊くや、「破けてます。いつも」と答える安藤は、「取り立てて大事件になったりしたことはないの?」と質問を重ねられると、目を丸くして「あります」と即答。「小さい頃なんですけど、アイスショー中にここ(胸の下)まで(衣装が)下がっちゃって」と明かし、驚いた上田は「ここまでって(胸が)出てるからね」と興奮気味に指摘をしたが、安藤は「でも、胸がなかった時なんで」とアッサリ笑い飛ばした。