ソニーグループの携帯電話会社のソニー・エリクソンがリモートプレイを利用してPS3のゲームをプレイすることができる携帯電話「Aino」を発表したことを以前GIGAZINEでお伝えしましたが、なんとPSPと携帯電話を合体させた真の「プレイステーションケータイ」が発売される可能性があることが明らかになりました。

詳細は以下から。
Sony eyes cellphone/game gear hybrid - Nikkei by Reuters: Yahoo! Tech

ロイター通信社の報道によると、AppleのiPhoneやiPod touchに対抗するために、ソニーがPSPと携帯電話を合体させたハイブリッド端末を開発する意向であることを6月27日土曜日付けで日本経済新聞社が報じたそうです。

これはソニーが30年前に音楽プレーヤーとして「ウォークマン」を発売したにもかかわらず、近年はAppleのiPodシリーズやiPhoneに遅れを取っているためで、早くも7月にはPSPとソニー・エリクソンの携帯電話を合体させた新製品を開発するためのプロジェクトチームを立ち上げるとのこと。

ちなみに現在、カプコンやスクウェア・エニックスを含む多くのメーカーが高い人気を集めているiPhoneやiPodなどにゲームソフトを提供していますが、これはPSPやニンテンドーDSといった携帯ゲーム機の市場を脅かすものであるとされています。

なお、日本経済新聞社の報道についてソニーの広報担当者はコメントすることを断ったそうです。

・関連記事
ソニー、これまで発売された大量のPSPソフトをダウンロード販売へ - GIGAZINE

ソニー幹部、スリムになった新型PS3に関するウワサについてコメント - GIGAZINE

ソニーの高性能スマートフォン「XPERIA X2」の本体写真がさらに流出か、3Dゲームなどにも対応 - GIGAZINE

ついにソニーが「PSP Go」を正式発表、800車種以上が登場する超絶ボリュームの「グランツーリスモ」も - GIGAZINE

なんとPS2の6倍以上、PS3やXbox360向けゲームソフトの開発費が明らかに - GIGAZINE 記事全文へ