舞台「新宿ミッドナイトベイビー」に出演するいしだ壱成と山崎邦正(左から)

写真拡大 (全2枚)

7月23日(木)から公演される舞台「新宿ミッドナイトベイビー」の制作発表が6日、都内で行われ、ダブル主演の西条美咲といしだ壱成をはじめ、出演者の山崎邦正、愛染恭子、篠原功、大坂俊介、浅野温子らが出席した。

ミステリー小説「新宿ミッドナイトベイビー」が原作の同舞台は、新宿・歌舞伎町と新宿二丁目を舞台にして繰り広げられる壮絶な人間ドラマ。幼児虐待、無防備セックス、ドラッグといったテーマを基に、正直者が報われない不条理な世の中とカネの威力を描く。

芸能界復帰後、同舞台で初の主演を務めるいしだは「この舞台は素晴らしいキャストやスタッフに恵まれて、本当に良いスタートが切れそうです」とコメント。さらに、ホスト役を演じるということで、「実際に何度かホストクラブに行って、ホストの方のしぐさや仕事をする上で思っていることなどのお話は伺いました。その世界で生きていて楽しいこと、もちろんつらいことも聞きました。No.1ホストは、なりたいと思ってもなかなかなれるものではないと分かりました」と役作りへの思いを明かした。

また、オカマ役を演じる山崎は、いしだとの濡れ場のシーンもあり、「抱き合うシーンとかもあるので、本当に興奮してしまったらどうしようって思いました。でもいいんじゃないですかね〜、新しいキャラクターも見えたりして(笑)」とまんざらでもない様子だった。

舞台「新宿ミッドナイトベイビー」

7月23日(木)〜27日(月) 新宿シアターサンモールにて公演

■関連記事
尾上菊之助がポロリ…蜷川幸雄は「油断できない方」
モーニング娘。の高橋愛らが出演する舞台「おじぎでシェイプアップ!」上演スタート
宮藤官九郎がテレビで初めて舞台の構成・演出を手掛ける
“イケメン”男優劇団・スタジオライフの代表作「LILIES(リリーズ)」が帰ってきた!
加藤成亮が主演舞台で加藤夏希&賀来千香子と“プライベート”っぽいキスシーンを披露