ミランのオーナーであるシルビオ・ベルルスコーニが、ミランのMFアンドレア・ピルロの移籍を示唆した。

「ピルロ? どうなるか見てみよう。わたしは以前、ピルロはミランに残らなければならないと言った。しかしその後、彼に対するオファーの金額を見てしまった……」

すなわち金額次第ではイタリア代表のレジスタも、カカと同様にミラノを後にする可能性があると言うことだ。

ピルロに対しては、前ミラン監督のカルロ・アンチェロッティが就任した“金満”チェルシーが興味を示している。

一方でベルルスコーニは、カカの抜けた新シーズンの中心選手としてFWロナウジーニョとFWアレシャンドレ・パトの名前を挙げた。

「ロナウジーニョは、素晴らしいシーズンをおくるだろう。カカが抜けたが、あのポジションはパトにもこなせる」

またベルルスコーニは新シーズンの戦い方についても言及した。

「新シーズンのチームは、素晴らしいものになるだろう。昨シーズンのチームでも勝てることはできたが、しかし目標を達成することができなかった。なぜなら、終了間際の時間帯に多くのミスを犯してしまったからだ。それで負けたことだってある。本来であれば、ボールをキープしなければならない時間帯だったにもかかわらずだ」