成宮寛貴

 8月1日から、BeeTVにて配信開始が決定したドラマ「Sweet Room」。同作はホテルのスイートルームを舞台にした男女のラブストーリーで、4人の主人公がそれぞれの愛を描いたオムニバスドラマ。主演を映画「ドロップ」やテレビドラマ「イノセント・ラブ」などで不良からセクシーな男性まで幅広い役柄を演じ、若い女性から多大な人気を誇る成宮寛貴、ドラマ「メイちゃんの執事」や「アタシんちの男子」に出演中の若手イケメン俳優の向井理、モナコ国際映画祭・最優秀主演男優賞にも輝いた実力派の豊原功補が務める。

 成宮寛貴が主演を務める「ラストラブ」は成宮演じる、なかなか芽のでない若いカメラマン遠藤と、4年前に仕事で知り合い恋に落ちた売れないモデルとの別れに秘められた「嘘」と突きつけられる現実、センシティブな大人たちへのラブストーリー。これまでのさわやかな青年役や不良役と違い、大人のセクシーさを前面に打ち出した新境地の演技に挑戦した成宮が「こんなにセクシーな仕事はもうできない」と語るほど、相手役の女性と演技の世界にはまりこみ、最高に贅沢でロマンチックなラブストーリーが完成した。

 成宮は、これまで雑誌「an・an」でオールヌードを披露するなど、世の女性を魅了してきた最後のヌード?も披露。制作は、「ALWAYS 三丁目の夕日」「K-20」「つみきのいえ」など数々の映画・アニメーションやテレビCF制作実績のある「ROBOT」と最高の製作スタッフが手掛け、女性が吸い込まれそうなほど甘美的なドラマを作り上げている。

――最初に、この役柄の話を頂いての感想は?成宮:自分の持っている雰囲気を生かせるのではないかと思った。セリフはほとんどなく、シチュエーションで、表現していく作風に、面白さを感じた。

――かなりセクシーな仕上がりになってますが、演じている時に気をつけたことはありますか?成宮:キスシーンや、ベットシーンなどのセックス描写が、生々しくなく、美しく見えるよう、相手の女優さんと作り上げました。表情の芝居と、モノローグとのバランスで、自分がいま何を考えているのかを計算しながら演じました

――演技を終わって、実際に映像作品となってみた感想はいかがですか?(自分がイメージしていた出来上がりと合ってましたか?より違った感じになりましたか?)成宮:やはり、キスシーンや、Hなシーンの所に、花のカットのインサートすることで比較的きれいな仕上がりになっており、満足のいく作品になりました。

――いろんなメディアから「セクシーな男性」といわれますが、自分自身でセクシーさを感じたり、意識したことはありますか?成宮:仕事をする上では、ある程度、意識をすることはあります。演じる役に必要な色っぽさというのは、それぞれ違うので、やり過ぎないよう、殺し過ぎないように考えています。役者は見られる仕事なので、見ている人をドキドキさせることも大切な要素だと思うし。

――テイク数は?何回かNGがありましたか?それとも一発勝負でうまくいきましたか?失敗してはいけないと思って、逆に緊張して失敗したとか成宮:芝居としては、そんなにNGはなかったと思います。露出があるので、相手役の女優さんの方が緊張されたとは思うので、合間でも、リラックスさせてあげられるような雰囲気作りは意識しました。監督をはじめ若いスタッフが多くて活気のある現場だったので、楽しみながら撮影に参加できました。

――これまでベットシーンを演じたことはありますか?成宮:以前、SMっぽいシーンは映画でやったことがあったり、雑誌で近いシチュエーションで撮影したことはあったけど、本気ベッドシーンは今回が初めてです。

――BeeTVのドラマということで、携帯のドラマだと、映画やTVドラマと違うところはありましたか?成宮:撮影スタイルとかは、あまり違いはなかったけれど、TVより小さいモニターで見る作品なので、顔のアップとかは多かったと思います。

――最後に、どんな人にみてもらいたいし、楽しんでもらいたいですか?成宮:女性の視点や感覚を意識して作った作品なので、やはり女性に見てもらいたい作品です。携帯ドラマなので、自分のタイミングに合った時に見れると思います。そういう点では、働いていて忙しい方でも見やすいんじゃないかと思います。


第一話「ラスト・ラブ」 主演:成宮寛貴(26)、汐見ゆかり(28)
4年前、カメラマンとモデルとして知り合った男女。男は女に片思いをしていた。そんな中、突然彼女に『キレイな私を撮ってほしいの』とホテルのスイートルームに呼び出される。二人の別れに秘められた「嘘」と突きつけられる現実、センシティブな大人たちへのラブストーリーです。

第二話「Birthday」(仮) 主演:向井理(27)
大学を卒業した後は遠距離恋愛になる僕たち。ずっと一緒にいたいそう思っている。今日は彼女の誕生日を祝うため少し背伸びして、ホテルのスウィートルームを予約した…

第三話「タイトル未定」 主演:未定

第四話「ルームサービス」(仮) 主演:豊原功補(43)
あるホテルのホテルマン。とある日に、スイートルームのお客様から無理なルームサービスを注文される。まじめな男と、プライドの高い女の大人の駆け引き。ラグジュアリーなラブストーリー■関連記事
吉川ひなの「話が全く合わない、好きな人がいます!」(2009年03月30日)
香里奈、佐々木希らモデル70名出演! 東京ガールズコレクション '09S/S(2009年03月08日)
インタビュー:成宮寛貴「幸せな気持ちを与える道具になりたい」(2009年02月18日)
成宮寛貴が女性400人の中からスカウトしたのは…?(2009年01月28日)
映画「ララピポ」が“ハケン割引”を実施!(2009年01月19日)