パソコンの操作を改善する裏技 5選  知っ得!虎の巻

写真拡大

仕事だけでなく、プライベートでも知っておくと便利なパソコンの裏技やツールを紹介する「知っ得!虎の巻」。パソコンはちょっとした工夫でより使いやすくなる。

パソコンの使い方に慣れてくると、わずらわしいと感じる操作にも気づいてくる。とくに今話題のネットブックには、キーボードが小さい製品もあるので、キー操作に不満を感じている人もいるだろう。
そんな人は、先に紹介したパソコンの使い勝手を良くする裏技ととも操作性を改善する裏技も試してみよう。ネットブックでも劇的に使いやすくなるだろう。

Windows XPが見違える!ファイル操作術10連発
ファイル操作はビジネスでも個人用途でも欠かせないものだ。何気ないファイル操作のコツを知れば、パソコンはより快適に操作することができる。そこで知っておいてソンはないファイル操作の技を集めてみた。Windows XPの設定を少し変更するだけで、ファイルを効率よく整理したり、素早くファイルを開いたりできる。

ファイルを素早く検索するテクニック
最近では、500GBや1TBといった大容量ハードディスクを一般のユーザーでも導入していることもあり、検索対象の範囲が膨大になり、時間がかかってしまうことがある。
このようなときには、ローカルのファイルにインデックスを作成する「インデックスサービス」の機能を利用すると、目的のファイルを素早く見つけ出せる。

IMEをもっと使いこなそう
日本語環境のパソコンを利用している場合、文字を変換するための日本語入力システムがパソコンに必ず組み込まれている。
普段は何の気なしに文字入力をしていると思うが、実はいろいろと細かな設定をすれば、自分にあった入力環境にカスタマイズできるのだ。使いやすい設定を見つけ出して、より文字入力しやすい環境を作ってみよう。

いつも使っているソフトをショートカットで素早く起動できたら……
通常、アプリケーションの起動は[スタート]メニューにある[すべてのプログラム]から目的のアプリケーションを選択して起動するが、この作業が意外と手間だったりする。
こんなときに役立つのが、ショートカットキーだ。自分が普段よく利用するアプリケーションにショートカットを設定することで、いちいち[スタート]メニューからたどってアプリケーションを起動しなくても、キーボードから設定したキーを叩くことで即座に起動できるのだ。

右クリックの達人へ!賢い使い方でデキると思わせる
ファイルを圧縮する際にアイコンを右クリックして、[送る]→[圧縮(zip形式)フォルダ]を選択して圧縮を実行したり、[送る]→[マイドキュメント]を選択してファイルをマイドキュメントにコピーしたりと、[送る]に登録されているメニューはなにかと便利だ。しかし、この[送る]に登録されている項目は以外と少ない。もっといろいろなことができたら、もっと便利になるだろう。実は、ここにプログラムやコピー先のフォルダを登録するは簡単にできるのだ。

もっと【知っ得!虎の巻】をみる

■関連記事
ネットブックの使い勝手を良くする裏技 5選
パソコンを快速に!カスタマイズの裏技 5選
ネットブックの使い勝手を良くする裏技 5選
仕事に役立つ無料ソフト 5選
無料でも安心のセキュリティを!パソコンを守る裏技 5選編集部:池田利夫、篠崎 哲、岡本奈知子(ジャムハウス)
制作編集:エヌプラス
Copyright 2009 livedoor. All rights reserved.