敵地のレッジョ・カラブリアで勝点3を手にしたウディネーゼのパスクアーレ・マリーノ監督が、「SKY」のインタビューに話した。

「ここまで成績を見れば、ウディネーゼは内弁慶と見られてもしょうがない。だから“アウェーで勝った”という結果については嬉しく思う。周囲からは、すでにブレーメンとのUEFAカップを考えていると思われているかもしれないが、われわれは決してセリエAを軽視していているわけではない」


レッジーナ 0−2 ウディネーゼ

得点者:フローロ・フローレス?(85分、91分)

レッジーナ(3−5−2):プッジョーニ;サントス、ランザーロ、ヴァルデス;セストゥ、バレット、バリッラ、ハルフレッドション(79分ヴィジャーニ)、コスタ;ブリエンツァ(90分)、チェラーボロ(65分ディ・ジェンナーロ)
(控え:マリーノ、チリッロ、カショーネ、ヴィオラ) 監督:オルランディ
退場:ランザーロ(53分)、バリッラ(61分) 警告:ハルフレッドション、ヴァルデス、サントス、ブリエンツァ

ウディネーゼ(4−3−3):ハンダノビッチ;イスラ(64分クアリアレッラ)、フェリペ、ドミッツィ、ルコビッチ;ジムリング、オボド、アサモア(46分インラー);サンチェス(58分パスクアーレ)、フローロ・フローレス、イグアロ
(控え:ベラルディ、サーラ、サパタ、ダゴスティーノ) 監督:マリーノ
警告:パスクアーレ、ルコビッチ